FC2ブログ

Docker を CentOS 7 に入れてみた

備忘録。

まず、Docker をインストールする上で、名前が複数あるのが紛らわしくて一旦手を止めた。

docker-engine とか docker-io をインストールと書いてあるサイトがある。

違いを調べたら、どうも Docker EE(Enterprise Edition) がつい先月(2017年3月)リリースされたばかりらしく、今までの無料版は Docker CE(Community Edition)になった模様。
(Ubuntu じゃないので、docker-io がサポート中かは今回未確認。)
http://kenoha.hatenablog.com/entry/2017/03/31/114418

よって、Docker CE for CentOS Distribution をインストールする。
以下にインストール方法が載っているので、順番にコピペする。
コマンドに -y オプションを添えてくれる優しい人達が書いてくれている。
https://store.docker.com/editions/community/docker-ce-server-centos?tab=description

アンインストール方法はこっちに書いてある。
https://docs.docker.com/engine/installation/linux/centos/#uninstall-docker

因みにそのままだと、いちいちホストでの Docker の操作に sudo を打たないといけない。インストール後は自動起動の設定に加えて、docker group への追加が案内されている。
https://docs.docker.com/engine/installation/linux/linux-postinstall/#systemd

ただし、コンテナの使いようによっては、危険を伴う可能性があるので Warning にリンクされているページをよく読むこと。

また、インストール時点での問題ではないものの、以下のように外からアクセスできるようにしていると設定によっては root が乗っ取られる(Docker コンテナを外部に公開するのは危険 とか言われる所以と思われる)ので、特に Docker.sock、不要なポート開放には注意とのこと。
Dockerでホストを乗っ取られた

Docker は既に作ってあるコンテナを起動したり、ホストからファイルを転送した程度なので、自分でコンテナを立ち上げたりはまだしてません(したい)
Webアプリを作るためにテスト環境から本番への以降が簡単なように(+ホストでやってグシャグシャになったときの再構成の手間を省くため)取り敢えず、しばらく Docker でゴニョゴニョする予定です。
関連記事

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

ブログ内検索

プロフィール

ふじこlp

Author:ふじこlp
はてなブログへ移行しました。https://higechira.hatenablog.com/

ゆとりの大学生です。どれくらいゆとりかというと土曜日に通常授業を受けたことがただの一度もありません。

IBM時代のT43は観賞用となりましたが、X61は現役。
スクエアThinkPad X Series 最高です。
MacBook Pro 始めました。がやはりThinkPadに勝る打ち心地は存在しませんね。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター