FC2ブログ

【期限目前】ThinkPad X61も遂にWindows 10にアップデートしたけど不具合で紆余曲折した

Windows 10への無料アップデートの期限は2016/7/29までです。

いよいよ無料アップグレードの期限が一ヶ月を切ったので焦ってやってる人も多いと思います。私は7月中はアップグレードなんてしてる暇ないなんてだろうということで、OneDriveのファイル移動(こっちも容量が減ってしまいます。)のついでに6月中にアップグレードを行いました。でも期限まであと少ししか無いけどなかなか取れる時間も無いという人もいると思います。そんな状況でアップグレードが途中で止まったりしたら多分相当パニクると思います。本当ならもっと余裕を持って前もってやっておくべきなんですけどね。

なお、一度アップグレードしておけば、ハードウェア構成がマイクロソフト側に登録されて元のWindowsにダウングレードしても、永遠に無償でアップグレード可能になるので今のOSのサポート終了以降もWindowsを利用するかもしれない場合は一旦アップグレードしてすぐ戻してしまえばいいと思います。期限後に再アップグレードする際にも本記事が役立てば幸いです。

今回タイトルにもあるようにアップデートの途中でトラブルが起きました。大事なことは2つです。これに重きを置いてアップデートの模様を書いていきたいと思います。また、トラブルが起きた時の対処法をかなり豊富に上げているページが見つけたので合わせて紹介していきたいと思います。

まず、私が今回アップグレードした環境ですが、

機種:ThinkPad X61 (7673-J2J)
CPU:Intel Core 2 Duo T8300 2.40GHz
メモリー:8GB
ストレージ:HGST 7200rpm 1TB HDD
元のOS:Windows 7 Ultimate 64bit (SP1)

自分で言うのもなんですが、結構豪華に積んでますねw
今回どうでも良いのですがこのモデル、X61の中でも後期型(2008/03/05発売)で無線LANが802.11n対応なので、回線も快適です。

このモデルも含め、型落ちのモデルは以前の記事でも書いたとおり強制アップグレードされません。当然細工して更新されないようにしてる人も一緒です。なので、まず最初にアップグレードを行う上で必要なファイルをマイクロソフトのページからダウンロードします。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

アシスタントDLページ

ただし、ここでまず注意です。選ぶのは上の方の「今すぐアップデート」ではありません。これをクリックすると、Windows 10 アップグレードアシスタントというツールがダウンロードされますが、下の「ツールを今すぐダウンロード」を選択します。
Windows 10 アップグレードアシスタントを使うとどういうことになるかというと、取り敢えずツールのインストール自体は可能で、必要事項を入力することでアップグレードを開始することができます。

し か し、

IMG_4663.jpg

この画面で99%のまま止まってしまいました。何度も後ほど紹介するトラブルシューティングを試してはこのツールを使ってみましたが無駄な足掻きでした(このせいでトラブルを解決する時間が余計に掛かかりました。因みにこの状態だとキャンセルできないので再起動するんですが、再起動後に故障かと思うくらい長い時間真っ暗な画面のままなのでチャレンジャーは要注意)。

X61をアップグレードするときに最も注意すべき点はWindows 10 アップグレードアシスタントを使わないということです。メディア作成ツールを使用します。
DLページで「ツールを今すぐダウンロード」を選択するとメディア作成ツールがダウンロードされます。既に上がっている多くのサイトの手順では32ビット用か64ビット用のツールをそれぞれ選択できるようになっていますが、それは以前の話で今はダウンロードのページにはOSのbitの選択はありません(ツールが統合されたようです)。

しかし、このメディア作成ツールを使っても問題が発生しますのでこれについて説明します。

まずツールを開いて「この PC を今すぐアップグレードする」を選択します。時間がある人は「他の PC 用にインストール メディアを作る」でISOファイルを作成してもいいと思いますが別に後ででもできます。

あとはツールの手順に従って行けば良いんですが、ここでフリーズするかもしれません。私の環境ではPCをチェックしていますのところで何時まで経っても終わりませんでした。フリーズしているかどうかの判断はHDDアクセスランプが頻繁に点滅していなければほぼ確実です。

実は3月までは学校の研究でX61を持ち込みWindowsを起動していたんですが、以前の記事でも書いた通り4月以降は強制MacBookなのでX61はほとんどLinuxで起動して使用していました。結果、アップデートするタイミングが無かったのでWindowsUpdateが狂っていてアップデートができない状態になっていました。たまにしか使わない古いパソコンや暫く使ってない眠ってたPCをアップグレードしようとしている場合は確実にハマります。
ということでこれを解決するためにWindows Update トラブルシューティングツールを使用します。

http://go.microsoft.com/?linkid=9830262

トラブルシューティング中もメディア作成ツールは閉じないで下さい。意味がなくなります。

ダイアログに従ってトラブルシューティング ツールを実行することでWindows Updateの問題が解決します。すると、

IMG_4665.jpg
IMG_4666.jpg
IMG_4667.jpg

続きが始まりました。

IMG_4669.jpg
IMG_4668.jpg

同意します。

再度更新プログラムのチェックのところでフリーズ。何回かフリーズするかもしれませんが、さっきと同じ様にWindows Update トラブルシューティングツールを使って解決します。

IMG_4670.jpg

トラブルシューティング中に進みました。

IMG_4671.jpg
IMG_4672.jpg
IMG_4673.jpg
IMG_4677_.jpg

再起動します。
再起動後もアップグレードが続きます。

このあとWindows 10の設定を行いますが、簡単設定は選ばない方が良いので、次の記事で初期設定の方法を解説したいと思います。

なお、今回フリーズの原因はWindows Updateでしたが、それ以外の理由でアップグレードが完了しないことも有ります。このような時は以下のページが参考になります。
Windows 10 へのアップグレードに失敗する場合の確認点と対処法

10個以上の対処法が載っているので参考にしてみてください。

次回へ続きます。
関連記事

コメント

非公開コメント

スポンサードリンク

ブログ内検索

プロフィール

ふじこlp

Author:ふじこlp
はてなブログへ移行しました。https://higechira.hatenablog.com/

ゆとりの大学生です。どれくらいゆとりかというと土曜日に通常授業を受けたことがただの一度もありません。

IBM時代のT43は観賞用となりましたが、X61は現役。
スクエアThinkPad X Series 最高です。
MacBook Pro 始めました。がやはりThinkPadに勝る打ち心地は存在しませんね。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター